Skip to content

カテゴリー: 旅行関連

自動車の夜間走行の安全性を高めるLEDの可能性

自動車で夜間走行する時には、一般的にロービームと呼ばれ40m先を照射するヘッドライト(前照灯)で走行するのが常識と考えられているが、自動車の安全性などに関する法律である道路運送車両法の保安基準では、一般的にハイビームと呼ばれ100mを照射するヘッドライト(前照灯)が走行用の前照灯とされ、ロービームはすれ違い用前照灯とされています。

Leave a Comment