Skip to content

中古車の現況販売と保証付き販売

中古車を購入するにあたって、販売店の店頭をのぞいてみると、現況販売であることをうたっていて、周囲にある他の中古車よりも、かなり安い価格で売りだされているものを発見することがあります。この現況販売とよばれるものは、文字どおりの意味で、購入時の整備や、購入後のアフターサービスとしての保証を付けずに、店頭にある状態のままで販売をするということを指しています。そのため、たとえ購入後に不具合があった場合であっても、それを織り込み済みとして安く購入したのですから、販売店にクレームを申し立てて無償で修理してもらうことなどはできないということになります。この不具合の症状がかなり重大であって、たとえば車検にも通過できないような種類のものであると、中古車を安く購入したとしても、その後の点検や整備、修理といったことに大きな出費が必要となってくるため、トータルとしてみた場合には、かなり高い買い物だったということになってしまう場合があります。

いっぽうで、中古車販売であっても新車の場合と同様に、購入から一定の期間、または一定の距離数を走行するまでの間に発生した不具合については、すべて販売店のほうで無償の修理や部品交換を行うなどといった保証付きのものも多くなっています。これは、現況販売による不安を解消するためのもので、その費用は中古車の購入代金のなかに含まれているものとみるべきものですので、現況販売よりは多少値段が高くなっている可能性があります。しかし、ひんぱんに使用する車に不具合があった場合の出費を考えると、購入時点で多少値段が張ったとしても、あとで十分に回収できるメリットはあるといえます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です