Skip to content

中古車にも税金がかかる

車にはさまざまな税金が課せられており、購入時にはそれらも支払わなければなりません。一般的にコマーシャルなどで表示されている価格は車の本体価格のみであり、実際に購入するとなると、それ以上のお金がかかります。新車でも中古車でも税金がかかるのは同じです。誰でも何かを買う時には予算があるはずですが、車の場合、本体価格だけではなく、トータルで考える必要があります。

まずは消費税です。ほとんどの物品に課せられる税金ですので、分かりやすいでしょう。たとえ中古車であっても、数十万、数百万になることがありますので、消費税も結構な金額になります。仮に100万円の車なら、8万円の消費税がかかります。

次に自動車税です。この税金は、購入時だけでなく、所有している限り毎年払わなければならない税金です。毎年4月1日時点の所有者が1年分を前払いしますので、中古車の場合は前の持ち主が支払っている可能性があります。しかし購入月からは購入者が負担するのが一般的であり、5月に購入すると11か月分を支払うことになります。

そのほか重量税や取得税などがかかります。エコカー減税もありますが、諸費用がゼロになることはありません。登録代行手数料などは販売店によっても異なりますので、トータルでいくらかかるのか、本体以外に必要なお金の内訳は必ず確認しておきましょう。購入後も何かと維持費がかかるのが車です。

中でもガソリン代は、運転が多いと大きなウェイトを占めますので、燃費も重要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です