Skip to content

ナンバー登録されたら中古車

中古車とは、メーカーが生産してから一旦ナンバー登録された車のことです。たとえ一般の消費者が購入しておらず、未使用であっても、ナンバー登録されれば分類上は中古車となります。販売店が、登録台数を伸ばす目的で、売れていないのにナンバー登録をすることがありますが、これももう新車ではありません。いわゆる新品ではなくなりますので、購入する側としてはいろいろと不満もあるかもしれませんが、日本の中古車は大変優れており、現在はメーターの改ざんなどもほとんどないと言って良いでしょう。

ディーラー系、販売店共に、整備や点検などをきちんと行っており、期間の差はあるものの保証もありますので、安心して購入することができます。新車の場合、販売価格が決まっており、値引きもほとんどありません。予算オーバーの車種であれば、購入することはできません。しかし中古車なら、年式が古くなったり、走行距離が多かったりすれば、希望の車種を手に入れることができる可能性があります。

つまり同じ予算であれば、選べる車種の幅が広がります。新車の場合、カーナビやエアロなどのオプションもすべて本体価格に上乗せされていきますが、中古車ならそれらを込みの値段で予算組むことができます。日本では、家も車も新しいほうが良いとの考えが定着していますが、海外ではむしろ古いものにこそ価値があると考えられています。同じ車種なら新車はすべて同じですが、古い車に同じものは2つとしてありません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です