Skip to content

カスタムの中古車は高く評価されない

これから中古車を売りたいと考えてる方は、必ず一つの点を確認しておいてください。それは、車に過度な装飾が施されていないかどうかです。外装だけでなく車内もくまなくチェックして、誰でも目に付く派手な装飾がないかを確認してください。そしてもしそのような過度な装飾が見つかったら、直せる範囲で元に戻しておいてください。

そうすれば、中古車の査定価格が少しは良くなるでしょう。あるいは、大幅な査定額アップには繋がらなくても、少なくとも大幅な減点を防ぐことはできます。査定前に少し面倒な作業かもしれませんが、ぜひこれを行ってください。それにしても、なぜ装飾がいけないのかと思う方もおられるでしょう。

むしろ本来なら、装飾は車のカッコよさを高める効果があるのだから、査定でもプラス評価されるはずではないかと思うところです。確かにそれはそのとおりですが、でもその評価はあくまでも自分の評価に過ぎないのです。自分が乗る車として評価すれば、自分の好みでカスタムしてるわけですから高く評価できて当たり前なのですが、その車に他人が乗ることを考えれば、もっと平均的な評価をしなければなりません。つまり、特定の誰かの好みではなく、一般的な消費者の好みを想定して評価しなければならないのです。

少なくとも普通の買取業者はそこに焦点を当てて車を査定しますので、標準からはみ出すような装飾を行っている車は、プラス査定されるどころか、減点の対象になってしまいます。中古車を売るときはぜひこのことを頭に入れておいてください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です