Skip to content

中古車査定の際のポイント

中古車を売却したいという場合は、販売店やディーラー系統の店に買い取ってもらうというのが一般的な流れです。ただ、買い取ってもらうと言ってもその前に必ず行われるのが査定であり、それによって買い取ってもらう金額を決定します。ただし査定では厳しいチェックを行うことになっており、破損している部位や修復している部位などは基本的に見つかります。そのためそれらをどんどん減点していくことによって査定額が決まるのですが、中古車の状態によっては買取価格がつかずに廃棄と言う形になってしまうこともあります。

では、実際にどのようなポイントをチェックされているのかと言うと、まずは外観、そして内装、走行距離とエンジン回りになっています。外観や内装は当然のようにチェックされ、傷やへこみ、匂いや汚れなどがどの程度のものなのかを調べられます。この際に偽装しようとしても逆効果となってしまうため、修復したり傷がある部分は正直に伝えておくことが大切です。また、中古車ならではのチェックポイントである走行距離は短ければ短いほど高い価格になりやすいですが、例え走行距離が長くてもほかの部分で高評価を得られていればある程度高額買取の可能性は高まります。

そして見落としがちなのがエンジン回りであり、オイルやプラグの状態だけではなく改造されていないかどうかもチェックされます。この場合も申告しておけばマイナスにならないだけではなく、場合によってはプラスになることもあるようです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です