Skip to content

自動車の歴史について

自動車が生まれたのは、1769年です。馬車が人や荷物を運ぶ手段であったヨーロッパで、フランスで蒸気で走る車が発明されました。軍隊で使う大砲を運搬するために作られたので、重くて大きな車体でした。走行実験中にハンドルを切り損ねて壁に激突したこともあり、世界で始めての交通事故でもあります。

その後ワットが蒸気機関の技術を普及しました。しかし馬車業界からの反発もあり、イギリスでは車を規制する赤旗法が制定されました。現在多くの人が使用しているガソリン自動車は、1885年~1886年に登場します。ドイツ人が4ストロークエンジンを開発して、木製の二輪車にエンジンを載せて走行させる実験に成功したのが1885年です。

翌年に四輪車を発明し、ガソリンエンジンの三輪車を作りました。その後ガソリンエンジンの製造を許されていたフランスの会社が、世界で始めて最先端にあるエンジンの後ろに、クラッチ、トランスミッションを縦一列に置きました。デフ機構から後輪を駆動するFR方式を開発し、システムパナールという名称で呼ばれました。これは自動車技術の基礎を築いたといわれます。

そして1900年代初めに、ガソリン自動車がフランスで販売されます。それに追いつくようにアメリカでも多くの自動車を生産するようになりました。人々の生活に浸透したことを示すのは、T型フォードです。大衆のために生産されえ、運転も簡単だったので初年度に1万台を販売しました。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です