Skip to content

進化する自動車の技術

自動車が技術のかたまりであることは、誰もが見つめるところですが、その自動車は今でも技術が進化しています。その進化は様々なところに及んでいます。例えばエンジンでは、これまでのガソリンエンジンにかわってモーターが登場するようになりました。これによって電気自動車といった未来の車が登場するようになりました。

これによってエンジンがモーターになることで、変速機などの動力伝達部品を大量に減らすことが出来るようになり、車の軽量化や生産効率の単純化といったことも可能になってくることになりました。製造工程が減ることになりますので、納期の短縮といったことも見えてきます。また、軽緑化が可能になったことで、車の車体につかえる材料も、軽いものを選べるようになりました。これまではエンジンという重たいものを載せていたので、これを安全に載せられるものが必要だったのですが、これがモーターに変わることで、材料の選択といったところでもいろいろな選択を出来るようになったのです。

これによって更に軽量化が出来ることになり、さらに安全性の高い車といったものが登場する可能性が出てきました。さらには、運転技術の進化といったものがどんどんと進んでいて、障害物を発見して自動的にブレーキを踏むような機能は、実際に導入されるようになっていますし、将来的には自動運転といったことも考えられるようになってきました。そうなると、駐車場などで、自分が運転しなくても自動的に車庫入れしてくれるといったようなことになるかもしれません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です