Skip to content

電気自動車のメリット

電気自動車には多くのメリットがあります。まず、排気ガスが少ないことです。地球環境に優しい自動車で、二酸化炭素を全く排出しません。火力発電などの化石燃料を使って発電した場合、排出量はおよそ50gです。

ガソリン車は1km走行するのに190gの二酸化炭素を排出するので、およそ4分の1の排気ガスに抑えられます。今後走行するエネルギーの全てを太陽光など自然エネルギーで補えれば、ほとんど環境に負荷を与えません。地球温暖化問題を解決できます。次に、電気自動車は家計に恩恵をもたらします。

電気代はガソリン代のおよど3分の1で、深夜に充電をすれば最大9分の1にまで費用を節約できます。電気エネルギーは火力や風力、太陽光など発電方法が豊富なので、電気の供給は安定すると考えられています。ガソリンは原油価格の影響で高い傾向があるので、次世代自動車として適しています。また走行性能が高いです。

モーターでは、発進したときに回転軸の中心に働く力の能率が高いので、少しアクセルを踏んだだけで加速します。アメリカのテラスモーター社が販売するスポーツカータイプの、テスラロードスターは、ポルシェ911と同じくらいの加速性能を持つとされます。ガソリン車のような振動を感じず、モーターが静かなので騒音対策にも有効です。さらに電気自動車は日常生活を快適に送るために優れたデザインが施されています。

運転のしやすさや乗りやすさなど、多くのニーズに応えています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です