Skip to content

自動車の運転支援システム

自動車の自動運転システムの研究開発が行われているが、ドライバーの操作を必要としない自動運転システムの実用化は10年以上先になるとされています。その為、各国の自動車メーカーからドライバーの運転を支援するシステムが次々に開発され、発表され市販化されています。ヨーロッパでは、2014年よりユーロ安全性能評価基準に自動緊急ブレーキと呼ばれるAEBと車線逸脱警報と呼ばれるLDWが評価基準追加されていますが、前方を監視するレーダーとビデオカメラセンサーを搭載する事でも新基準をクリア出来るとされています。日本国内では自動緊急ブレーキと車線逸脱警報装置を搭載している軽自動車が市販化されています。

更に、ユーロ圏では、来年度よりユーロ安全性能評価基準に対歩行者用自動緊急ブレーキの評価項目の追加が予定されています。又、米国道路安全保険協会の定める衝突安全性評価の評価項目に、前方衝突警報(FCW)や自動緊急ブレーキの搭載を追加されており、運転支援システムが世界の国々で準法規化されています。現在、世界の大手自動車メーカーでは、自転車利用者を含む歩行者などの交通弱者全体に対応出来る自動緊急ブレーキシステムが研究開発されています。運転する自動車の全方位360度に加えて、ドライバーの注意レベルをモニタリングするセンサーの研究開発が行われており、GPSや高度交通システムとの連携により近距離だけで無く、250km先の長距離範囲の検出機能を有する運転支援システムの研究がされています。

名古屋の格安のレンタカーのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です