Skip to content

ハイブリッド自動車のメリットとデメリット

ハイブリッド自動車は、動力源が2つ以上あるものです。一般的にガソリンと電気が動力源のものを指します。ハイブリッド自動車のメリットは、環境への負荷を最小限に抑えていることです。ガソリンを使わないで電気だけで走るので、有害物質を含んだ排気ガスの心配がありません。

排気ガスは地球温暖化を促進している原因の一つなので、エコな生活には欠かせません。またコストも安いです。ガソリンを使う機会が減れば、燃費が上がります。エンジンのみの走行と比べると、2倍も燃費が向上します。

資源エネルギー庁はハイブリッド自動車に補助金を行っているので、「グリーン投資減税」を利用してさらにお得に購入できます。一方で、一般家庭にそれほど普及していないのには、理由があります。まず、好きなデザインを自由に選べるだけの種類がありません。開発から歴史が浅いため、販売台数はこれから伸びるとされます。

また、購入するときの価格の高さも、多くの人が購入をためらう原因です。ガソリンを使う軽自動車と比べると、燃費が良いというメリットを考慮しても、車体価格の高さが目立ちます。そして、ガソリンを全く使用しないわけではありません。頻度は減りますが、ガソリンスタンドに行って高いお金を使う必要があります。

従来の自動車に少し機能をつけただけなので、新規性に欠けています。最先端の商品を持つことに優越感を覚える消費者の場合、それほど魅力的な印象を与えません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です